balcony-1834990_640

英語でこれ

英語の【ベランダ】や【バルコニー】の意味は?日本での意味との違いと発音のまとめ

スポンサーリンク

投稿日:2017年7月11日 更新日:

え~っと、

実は管理人Balalaikaは日本にいた頃、

お家やマンションを売るお仕事をしていた時期があります。

だからたくさんの物件(ぶっけん)を実際にみてきました。

 

そしてある日、値段のわりにはものすごく広い

『バルコニー』がある物件と

出会ったんですよね。

 

南側には広いバルコニーがあって、

コの字型につながるようにして西側にもバルコニー、

さらに北側にルーフバルコニーまでありました。

 

そして気に入って買った経験があります。

 

今はもう売っちゃいましたけど。

 

 

日本で定着している『ベランダ』のイメージは、

アパートとか戸建ての2階以上にあって、

わりとなんにでもこの言葉が使えます。

 

『バルコニー』がちょっとオシャレな言い方で、

広い印象のイメージだったりしますね。

 

ところで、このカタカナの『バルコニー』や

『ベランダ』って、英語でどんな意味があるんでしょうか。

その違いはなんでしょう?

 

コレよくお客さまから聞かれた質問なんです。

 

今日は『ベランダ』と『バルコニー』について

英語の意味を勉強したいと思います。

それではさっそく始めましょう!

x40 ベランダ

s-porch-186402_640

完全にわけられていないから、ややこしくなっていますが、

日本で、あるいは住宅関係、不動産屋さんが使う

『ベランダ』っていうと、洗濯物を干せたりする

2階くらいにあるイメージだったりしますね。

 

英語では、これがまったく違います。

 

まずは、『 veranda (ベランダ)』の発音を確認しましょう。

→発音:veranda

[発音記号:us also verandah UK  /vəˈræn.də/ US  /vəˈræn.də/ ]

veranda(ベランダ)』の意味は、

屋根があって、雨がしのげる形になっていて、

ある場所は1階なんです。

この言葉はもともとポルトガル語からきています。

 

そしてブリティッシュ・イングリッシュと

アメリカンイングリッシュでも少し違いがあるんですね。

まずは、ブリティッシュイングリッシュから。

英英辞典で意味を見てみましょう。

a platform with an open front and a roof, built onto the side of a house on the ground floor

1階の建物の横に建てられた屋根のある一段高くなった部分

この同じ意味のものを、アメリカンイングリッシュでは

porch(ポーチ)』といいます。

ポーチについてはのちほどまた説明しますね。

s-screened-porch-670263_640

少々前の話になりますが、一戸建てのお庭によく

『ウッドデッキ』があるのが主流でした。

みんなが憧れてとても人気があった時期があるんです。

 

この『デッキ』は英語で『 deck(デッキ)』と書きます。

船の先端部分でよく風があたるところをデッキや甲板(かんぱん)と言います。

この意味以外にも、

家から外に張り出した屋根のない床部分』という意味があるんですね。

そして木材などで作られているものを指しています。

 

そして最近は、戸建てなんかでも玄関の前に屋根を付けて

車椅子などでも入りやすいように、バリアフリーにして

フラットに作るデザインが多くなってきてますが、

英語の『veranda』の本当の意味のものは、

日本では『テラス』という言葉でよく使われています。

 

x40 バルコニー

s-architecture-2144271_640

『 balcony(バルコニー)』と書きますが、

日本人が持っているベランダのイメージは

こちらの単語になります。

まずは、発音を確認しましょう。

→発音:balcony

[発音記号:UK /ˈbæl.kə.ni/ US /ˈbæl.kə.ni/ ]

 

◇屋根の有無は関係ない??

辞書とかで調べると、やたらと屋根があるとかないとか

強調されているんですが、

バルコニーには屋根があるものも、ないものもあります。

ある辞書にはこのように書かれていました。

洋風建築で、階上の室外に張り出した手すり付きの所。

 

建物の本体から外に張り出した屋根のない欄干(らんかん)、

や柵(さく)で囲まれた部分

例えばの例ですが、

「8階建ての建物で、6階まではバルコニーに

屋根があるけど7階、8階のバルコニーにはない。」

ということもあります。

 

英英辞典で意味を見てみましょう。

an area with a wall or bars around it that is joined to the outside wall of a building on an upper level

『balcony』には他にも意味があり、

『劇場の2階以上の席』という意味を表すこともあります。

 

マンションのパンフレットを見たり、見学したりすると

最上階の物件によく下階の屋根部分を利用して

広く作られた『ルーフバルコニー』というものがありますね。

 

このルーフバルコニーは、下の人の屋根を使っているということで、

日本で建物を建てるときには、建築基準法(けんちくきじゅんほう)

という法律があって、ルールが決められています。

 

『土地の広さに対して各階の面積や建物の高さを

何%の大きさのものまでなら、建ててもいいですよ~。』

という決まりがあるんですね。

 

だから、下の人の屋根ということは大抵の場合、

それ以上、上には高く建物は建てられないという規制にかかるはず。

だから、そこに屋根なんてつけちゃったら、

違法建築(いほうけんちく)になっちゃいます(笑)

だから、ルーフバルコニーには一部ひさしや屋根があっても、

殆どのところにはありません。

 

マンションについてはこちらも参考にしてください。
英語でマンションをなんという?


スポンサーリンク

x40 ポーチ

s-house-667338_640

『porch(ポーチ)』とは、1階にあるものを指しています。

洋風建築で、玄関の外側に張り出した屋根付きの

吹き抜き部分や車寄せのことを指します。

発音を確認しましょう。

→発音:porch

[発音記号:UK  /pɔːtʃ/ US  /pɔːrtʃ/ ]

英英辞典で意味を見てみましょう。

a covered structure in front of the entrance to a building

建物の入口前にある屋根付きの建造物

us: a veranda

まとめ

お疲れさまでした。

『ベランダ』と『バルコニー』について

勉強してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

ちょっと、ややこしかったですね。

屋根がある方がいいか、ない方がいいか選べるとしたら、

ある方が汚れにくくて劣化もしにくいのでおすすめです。

 

今日覚えたフレーズを是非使ってみてくださいね。

Have a nice day!







スポンサーリンク

-英語でこれ
-, , , , , , ,

Copyright© 英これナビ(エイコレナビ) , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.