s-falling leaves

文法

英語【分詞】とは?『形容詞用法』現在分詞と過去分詞の例文と覚え方のコツ『文法基礎』中学校

スポンサーリンク

投稿日:2017年1月22日 更新日:

今日は『分詞(ぶんし)』について勉強しましょう。

改めてきくとなんだ?と思うかもしれませんが、

もうすでになんども英語の勉強をしてきた中で目にしているもの

ばかりですから安心してください。

 

『分詞』のとても大切なはたらきについて学んでいきたいと思います。

このあたりから英語が苦手になった人も、

ひとつひとつ見ていけばOKですよ。

 

これもわかると「なんだ~!そんなことかぁ~!」

ときっと思えるはずです。

 

1回でだめなら2回、2回でだめなら3回、3回でだめなら4回と

くりかえして読めばあるときスッと理解ができるようになるはずです。

少しずつ頭の中でつながりはじめて、あら不思議!わかるようになりますよ。

それではさっそく始めましょう!

x40 分詞とは

分詞とは形容詞と動詞の性質をかねていて、現在分詞と過去分詞の二つがあります。

 

現在分詞は『 動詞の原形+ing 』という形であらわします。

進行形などにみられるいわゆるing形です。

過去分詞は『 動詞の原形+ed 』の形で表せる規則動詞と不規則な変化をする

不規則動詞の過去分詞があります。

う~ん・・。漢字ばかりでいやになっちゃうというあなた、これだけ覚えてください↓

現在分詞→動詞のing形  過去分詞→動詞の過去分詞形

分詞は「進行形」「受け身」などの表現を作る他に、

名詞を修飾する形容詞としてのはたらきがあります。

形容詞は名詞を詳しく説明する語でしたね。

それぞれ見ていきましょう。

x40 5文型におけるはたらき

何度もやってきた5文型の勉強。名詞、形容詞、副詞のそれぞれの

はたらきについてこれまでも勉強してきましたね。

今日も、もう一度おさらいしておきます。

 

はたらき

この形容詞のところにある同じはたらきを『分詞 』ができるんです。

ひとつずつみていきましょう。

x40 形容詞のはたらきをする現在分詞

s-cat

次の二つの文をみてみましょう。

Look at that fat cat.
あの太ったネコを見てごらん。
Look at that mewing cat.
あのニャーニャー鳴いているネコをみてごらん。

ひとつ目の文ではfat(太った)という形容詞が名詞のcatを修飾していますが、
ふたつ目の文では動詞mew(ニャーニャー鳴く)のing形がcatを修飾しています。
mewingはここでは”形容詞のはたらき”をして、『ニャーニャー鳴いている』という意味を表しています。
point

動詞の現在分詞(ing形)には、名詞を修飾する形容詞用法があります。
”進行中の動作”を表し、『~している』という意味になります。

s-sleep

Look at that sleeping boy.
あの眠っている男の子を見てごらん。
Do you know that laughing child?
あなたはあの笑っている子供を知っていますか。

○ing形の作り方はこちらを参考にしてください。

進行形ing形の作り方

 

■excite(わくわくする)やsurprise(おどろかす)のように、『~させる、~する』とい
う意味の他動詞からつくられた~ingの形の形容詞には、『(人を)~させるような』
『~するような』という意味があります。
That was an exciting news.
それはわくわくさせるような(=わくわくするような)知らせでした。

x40 形容詞のはたらきをする過去分詞

過去分詞にも名詞を修飾する形容詞用法があります。

point

『~された』という”受け身”の意味を表すときと、

『~してしまった』という”完了”の意味を表すときがあります。

Show me the broken dish.
そのこわされた皿[さら](=こわれたお皿)を見せてごらん。
The street was full of fallen leaves.
その道は落ちてしまった葉で(=落ち葉)でいっぱいだった。

葉っぱをing形であらわして『 falling leaves (落下する葉、落ちかけている葉)』にすると

木の枝からはなれて、ちょうど宙をまって地面につく前の葉っぱのことになります。

(この記事のいちばん上の写真がまさにその状態です。)

『 fallen leaves 』はもう完全に落ちてしまった葉っぱのことです。

自動詞には受け身はありません。この場合、自動詞の過去分詞は完了の意味を表します。

x40 形容詞用法”後ろから”修飾する場合

s-barking_dog

つぎのふたつの文をくらべてみましょう。

Look at that barking dog.
あのほえている犬を見てごらん。
Look at that dog barking at the girl.
女の子に向かってほえているあの犬を見てごらん。

ひとつ目の文では、現在分詞の『 barking(ほえている) 』が名詞のdogを

前から修飾しています。

ふたつ目の文では『 barking at the girl(女の子に向かってほえている)』と、

barkingのあとに修飾語句がきているために、名詞のdogを”後ろから”修飾しています。
point

形容詞用法の現在分詞に修飾語句や目的語がついて2語以上になるときは、”後ろから”名詞を修飾します。
やはり”進行中の動作”を表し、「~している」という意味になります。
Do you know the woman standing at the door?
ドアのところに立っている女性を知っていますか。
The boy playing the guitar is my friend.
ギターを弾いている男の子は私の友達です。

point

形容詞用法の過去分詞に修飾語句がつくとき(2語以上のとき)も、やはり後ろから名詞を修飾するようにします。
『~された』という”受け身”の意味を表します。

s-走る車

I have a car made in Italy.
私はイタリアで作られた(=イタリア製の)車をもっています。
This is a picture painted by Marie Laurencin.
これは、マリー・ローランサンによって描かれた絵です。

○この文を次の文とくらべてみましょう。修飾される名詞と修飾する過去分詞が、
受け身の関係にあることがわかります。

This picture was painted by Marie Laurencin.
この絵はマリー・ローランサンによって描かれた。

形容詞に修飾語句がつくときも、後ろから名詞を修飾するようにします。

I climbed a high wall.(私は高い壁をのぼった)
I climbed a wall five feet high.(彼らは5フィートの高さの壁をのぼった)


スポンサーリンク

x40 分詞の重要な役割と分詞の位置のおさらい

ここでおさらいです。

分詞の重要な役割は

「進行形」「受け身」などの表現を作る他に、名詞を修飾する形容詞としてのはたらき

です。形容詞は名詞を詳しく説明する語でしたね。

形容詞 It is a small doll. それは小さな人形です。
分詞  It is a broken doll. それは壊れた人形です。

形容詞と異なるのは、分詞の形容詞のはたらきは

名詞の”前からでも後ろからでも”修飾できるという点です。

The woman sleeping on the sofa is Mai. ソファーで寝ているその女性はマイです。
*名詞womanを分詞が後ろから修飾しています。

上の文は『 現在分詞sleeping+on the sofa 』1つの句としてwomanを修飾しています。

The sleeping woman is Mai. その寝ている女性はマイです。

*名詞womanを分詞が前から修飾しています。(通常の形容詞と同じ位置です)

最後にこれだけおぼえましょう!

分詞の位置

分詞が2語以上になれば、名詞の後ろから修飾になります!!

 まとめ

『分詞』の現在分詞と過去分詞について勉強してきましたが、

いかがでしたでしょうか。

1回読んでわかる人なんて、なかなかいませんからね。

あきらめないで3回から5回くらいがんばって読んでください。

少しずつ頭の中でつながりはじめて、理解できるようになりますよ。

今日覚えたフレーズを是非使ってみてくださいね。

Have a nice day!

 

スポンサーリンク

-文法
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 英これナビ(エイコレナビ) , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.