s-gleise-1

英語でこれ

英語で【修学旅行】をなんという?『修学旅行の思い出』の課題で使える表現例と書き方

スポンサーリンク

投稿日:2017年4月23日 更新日:

『修学旅行』と聞いてあなたは何を思いうかべますか?

友達と過ごした楽しかった思い出でしょうか。

あるいは誰かと喧嘩しちゃったこと?

それとも、先生に出された英語で書く『修学旅行の思い出』

の課題レポートですか?

 

修学旅行の定番といえば、東京や京都、奈良、ですよね。

海外へ修学旅行に行く学校も1割ほどあるそうです。

 

ただ行くだけなら楽しそうですが、ただじゃぁない(笑)。

必ずといっていいほどあとで感想文やレポートを

書く必要がありますよね。

 

最近では英語で提出しないと行けないところも

かなり増えました。

 

学校の授業で勉強した文法を使って、文章を書くことと、

一枚のレポートを書いたりするスキルは

異なる能力が要求されます。

そのためには勉強と慣れが必要になるんですよね。

 

だから、いきなり「修学旅行の思い出を書いて提出しなさい。」

というのは正直すごくこくな課題だと思います。

 

その前に長文の書き方を授業でたっぷり

練習していればいいのですけれど・・ね。

 

というわけで、課題克服のための応援企画!

 

 

今日は英語で修学旅行について思い出を書くときの

表現について勉強したいと思います。

それではさっそく始めましょう!

x40 修学旅行と修学旅行の思い出

sky-1365325_640

『 修学旅行 』のことを英語で

school trip 

school excursion

といいます。

『修学旅行の思い出』のことを

The memory of our School trip

それではフレーズを見ていきましょう。


スポンサーリンク

x40 修学旅行の課題を書くときのポイント

日本語で文を書くときにもよく、

①起②承③転④結(きしょうてんけつ)」という言葉を使いますよね。

最初に何について書くのか。『いつ、どこで、だれが、何をした』を

きちんと書くと読む人がわかりやすい文になります。英語でいうと5W1Hということになります。

①で書き始めたことをもう少し具体的にしていきます。

ここでは一番自分の伝えたいことや、話の流れを発展させ、

より読んでもらっている人の興味をさそいましょう。

結び句で全体を結びます。自分がどう感じたり、どう思ったのか

もう一度意見や感想をまとめるといいですね。

英語の5W1Hについてはこちらを参考にして下さい。

英語の【5W1H 】の意味と書き順

また、冒頭に自分の意見を述べて、読む人の興味を引きつけるという書き方も

場合によっては有効ですよ。

「どこどこへ行きました。」というときの文例です。

When I went to ○○ 
○○に行ったときに・・・

と書き出しの文で使える表現です。

上の文ではgoの過去形のwentがつかわれていますが、[go-went-gone]

go to place(場所)

は非常によく使う表現です。

前置詞toのうしろには『場所』が来ると覚えておきましょう。

When I was a junior high school student, I went to ○○ on a school trip.
私は中学校の時に修学旅行で○○に行きました。

I went to ○○ on a school trip.
修学旅行で○○に行きました。

on a school trip
『修学旅行で』

という表現になります。

The most impressive place for me was ○○.
一番印象に残っているのは○○です。
It was ○○.
それは○○でした。

○○のところに素晴らしかったのなら『great(グレイト)素晴らしい』とか、

美しかったなら『beautiful(ビューティフル)美しい』

『impressive(インプレッシブ)印象的な』などの形容詞を入れて下さいね。

美しいや素晴らしいなどの形容詞の表現はこちらも参考にして下さい。
英語で【素晴らしい】をなんという?

文章の合間に自分が感じたことを織りこむようにしましょう。

I was surprised~
私は驚きました

感情表現をするときには『受け身』を使って表現するフレーズを前に勉強しましたね。

感情表現についてはこちらも参考にして下さい。
英語の【受け身】よく使われる熟語と感情表現

I enjoyed ○○ing.
私は○○することを楽しみました。

○○のところにしたことの動詞がきます。
ingがついて動名詞になっていて、動詞『enjoy(楽しむ)』
の目的語の役割をしています。

I enjoyed sightseeing in Kyoto.
私は京都を観光することを楽しみました。

動名詞とenjoyの使い方とフレーズはこちらを参考にして下さい。

英語で【楽しかった】をなんという?動名詞

思い出についての表現例文はこちらも参考にして下さい。
英語で【思い出】をなんという?

We visited a lot of famous historic sites.
私たちはたくさんの有名な歴史的名所を訪れました。

x40 文章の書き出しやつなぎに役に立つフレーズ

次は文章を段落で区切るときに文頭にもってくるものや、

文と文をつなげたりするはたらきのフレーズです。

at first, in the beginning
最初は

At first I didn't realized that ~.
最初はわかりませんでした。

I was bored at the beginning.
私は最初は退屈だと感じました。

first of all, first
まず
in addition to, and
さらに、また
because・・
なぜならば/・・なので
but
しかしながら
also
その上、また
last of all
最後に
finally
最終的に,結局

書くことに困ったら、旅行先でもらったパンフレットを見てみてくださいね。
何か書きたいことがひらめくかもしれません。

パンフレットについてはこちらも参考にしてください。
英語で【パンフレット】をなんという?

まとめ

『修学旅行』について勉強してきましたが、

いかがでしたでしょうか。

自分だけの特別なエピソードが

書けるといいですね!

今日覚えたフレーズを是非使ってみてくださいね。

Have a nice day!







スポンサーリンク

-英語でこれ
-, , , , ,

Copyright© 英これナビ(エイコレナビ) , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.