businessman-0213

英語でこれ

英語で【適切な】や【適切な人】をなんという?【proper】【suitable】【appropriate】使い方と発音のまとめ

スポンサーリンク

投稿日:2017年7月23日 更新日:

試験でも意味の似ている単語の出題問題がよくありますね。

そんな時にあいまいな覚え方をしていると、

取れるはずの点数を失うことになりかねません。

 

そこで類義語について、数回に分けて

勉強していきたいと思います。

 

今回はビジネスメールを送る時に、

まだ取引が始まって間もない企業が相手だと

支払いの手順や納期などの取り決めごとだったり、

担当者が誰か正確にわからないことがあります。

これが意外とよくあるんですよね。

 

そんな時に使う『適切な』や『適切な人』って、

英語でなんというのでしょう。

 

今日は知っていると役立つ『適切な』について

英語で勉強したいと思います。

 

それではさっそく始めましょう!

x40 right

right-2426934_640

最も適している、誤りがなく正しいことや

道徳的に正しいことを『right』と言います。

これはよく、相づちでも使いますよね。

発音を確認しましょう。

→発音:right

[発音記号:UK  /raɪt/ US  /raɪt/ ]

英英辞典で意味を見てみましょう。

correct
正しい
suitable or correct, or as it should be
適切なあるいは正しいまたはそうあるべき

She is the right person for the job.

彼女はその仕事に適切な人です。
I think you've made the right decision.

私はあなたの決断は適切だと思います。

x40 proper

s-children-1217246_640

社会的な基準から見てきちんと適切なことや正確なこと、

礼儀正しいことに『proper』という単語を使います。

 

→発音:proper

[発音記号:UK /ˈprɒp.ər/ US /ˈprɑː.pɚ/ ]

英英辞典で意味を見てみましょう。

real, satisfactory, suitable, or correct

If you're going to walk long distances you need proper walking boots.
もしあなたが長距離を歩くつもりなら、適切な歩行用ブーツが必要です。

また、『適切に、きちんと、正確に』を

意味する副詞の『properly』もよく使います。

This door doesn't shut properly.
このドアはきちんと閉まらない。


スポンサーリンク

x40 suitable

business-suit-690048_640

例えば、仕事の時に着る洋服と遊びに行く時に着る洋服って

ちゃんと選んで変えてますよね。

そんな風にその場の条件や目的にピッタリ合わせたり、

合っていることを表すのが『suitable』です。

 

動詞のsuit『合う』から派生した語になります。

→発音:suitable

[発音記号:UK /ˈsuː.tə.bəl/ /ˈsjuː.tə.bəl/ US /ˈsuː.t̬ə.bəl/ ]

英英辞典で意味を見てみましょう。

acceptable or right for someone or something
誰かにとってまたは何かにとって受け入れられる、あるいは好ましい
This film is not suitable for children.
この映画は子供には適切ではありません。

x40 appropriate

s-office-1209640_640

appropriate』は、誰かや何かの行為が条件や目的に

ふさわしく適していることを表すフォーマルな言葉です。

人に対しても使います。

 

→発音:appropriate

[発音記号:UK /əˈprəʊ.pri.ət/ US /əˈproʊ.pri.ət/ ]

英英辞典で意味を見てみましょう。

suitable or right for a particular situation or occasion

I think his comments were very appropriate for the occasion.

私は彼のコメントはとても適切だった思います。

x40 適切な人

office-1081807_640

『適切な人』っていいたいとき、

または正しい人にと言いたければ、『right person』ということができます。

あるいは、『適切な人』を言い換えるとその仕事をしている人

つまり『責任者の人』『担当者』って言い方ができますね。

その場合は

person in charge

責任者/ 担当者

が使えます。

She is in charge of accounting. 
彼女は経理を担当しています。

May I speak with the person in charge?
担当者を呼んでいただけますか。

【結果】や【得る】についてはこちらを参考にしてください。
英語で【結果】をなんという?

英語で【得る】をなんという?

まとめ

 

今日もお疲れさまでした。

『適切な』について勉強してきましたが、

いかがでしたでしょうか。

覚えた単語の数だけ会話のときに

表現が豊かになりますね。

今日覚えた単語を是非話すときに使ってみてくださいね。

Have a nice day!







スポンサーリンク

-英語でこれ
-, , , , , , ,

Copyright© 英これナビ(エイコレナビ) , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.