s-eggs-10

英語でこれ

英語で【目玉焼き】の【半熟】をなんという?頼み方と焼くフレーズのまとめ

スポンサーリンク

投稿日:2017年5月4日 更新日:

今日は食べ物のお話なので、とてもテンションが上がります♪

あなたは朝食で卵を食べるとしたら、

どんなふうに調理された卵がいいですか?

 

スクランブルエッグ?

それとも卵焼き?

ローカロリーな、ゆで卵?

バターたっぷりなオムレツ??

管理人Balalaikaなら、

『半熟の目玉焼き』にお醤油を少しかけて・・と、

想像するとお腹がすいてきちゃいます。

 

ということで、海外でホテルに泊まったときや留学時に

食べたい卵の調理方法を言えるように

今日は勉強したいと思います。

 

それではさっそく始めましょう!

x40 目玉焼きと調理方法

s-eggs-40

目玉焼きって奥が深いですよね。

自分好みの綺麗な目玉焼きを焼けるようになるまでには、

かなりの時間がかかりました。

 

作り方はまたの機会にご紹介するとして、

目玉焼きのことを

fried egg( フライド エッグ)

sunny-side up(サニー サイド アップ)

といいます。

sunny-side upは『 sun(太陽)』のように見えるからこの名前が付きました。

片側を焼いた目玉焼きの意味です。

海外の国によっては、卵は日本のように生で食べれる基準で

ない場合があり、しっかり火を通す調理方法が主流になります。

 

半熟にしたいなら調理加減まで伝える必要があります。

調理加減はこちらの表を参考にしてくださいね。

焼き加減1

 

 

フライパンのことを『 frying pan 』といい,

フライパンを使って調理すると動詞の『 fry (油で炒める、油で揚げる)』をつかいます。

 

日本語での調理方法で『フライ』というと、『油をたっぷり使って揚げる』というイメージがありますね。

この調理方法は英語では『 deep-fry 』とか、『 pan-fry 』 といいます。

軽く野菜を炒めるならかき混ぜるという動詞のstirで

stir-fry 』をつかって、

stir-fry vegetables in a frying pan

といいます。


スポンサーリンク

x40 オムレツ

s-breakfast-57

オムレツのことは『 omelet 』や『 omelette (フランス語)』といいます。

日本でおなじみの卵焼きのことを

rolled omlet 』といいます。

egg-roll-778310_640

x40 スクランブルエッグ

s-breakfast-40

いり卵、スクランブルエッグは『 scrambled egg 』といいますが、

上の写真の右上奥に写っている卵料理を『poached egg』 ポーチドエッグといいます。

沸かしたお湯の中にお塩とお酢を入れて、

卵を落としてつくる調理方法です。

この食べ方は少し前に日本でも流行りましたね。

x40 ゆで卵

s-tomatoes-70

ゆで卵のことを『boiled egg』といいます。

油も使わない調理方法なので、

ダイエット中の人にはこの調理方法が一番おすすめですよね。

x40 【焼く】単語一覧表

『 焼く 』という調理スタイルは道具や方法も違えば単語もちがいます。
一覧表にしてみました。
焼く単語一覧表

x40 調理方法の聞き方と答え方

聞き方と答え方のフレーズです。

How would you like your eggs? 
卵はどう調理いたしましょうか?
I'd like my eggs sunny‐side up over easy.
片面の半熟目玉焼きでお願いします。
Can I have them over easy?
両面焼きの半熟でお願いできますか。
Can I have my sunny-side up over easy?
片面焼きの半熟でお願いできますか。
Fried eggs, sunny-side up, easy please.
軽く目玉焼きにしてください。
I put soy sauce on my fried eggs.
私は目玉焼きに醤油をかけます。

まとめ

『目玉焼き』について勉強してきましたが、

いかがでしたでしょうか。

食べることって身近でとても大切なので、

真剣に覚えますよね。

今日覚えたフレーズを是非使ってみてくださいね。

Have a nice day!







スポンサーリンク

-英語でこれ
-, , , ,

Copyright© 英これナビ(エイコレナビ) , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.