s-study

文法 英語でこれ

英語の文法基礎【中学校1年生】SVOC第5文型の勉強法と5文型まとめ

スポンサーリンク

投稿日:2016年11月19日 更新日:

英語の基礎を勉強するシリーズもいよいよ第5文型です!

もうあと1つだけですよ!

ここまでの復習をしながらゆっくり進めていきましょう。

覚えないと行けないことは4つの記号の意味と、各文型のポイント部分だけですからね。

これであなたも文型なんてもう恐くない!!

ではさっそく勉強を始めましょう!

x40 5文型とは

まずはここまでの復習です。

文型には5つのタイプがありました。

①SV
②SVC
③SVO
④SVOO
⑤SVOC

S=Subject 主語
V=Verb 動詞
C=Complement 補語
O=Object 目的語

S, V, C, Oの4つもう覚えましたか?

x40 SVOO 第5文型

前回までに①SV②SVC③SVO④SVOOを勉強してきました。

今日は⑤SVOCを勉強するんですが、この文章を構成するどの記号も見覚えがありますね。

④SVOOと違うところは一番最後のCだけです。

一番最後にあるCの意味は補語でしたね。

主語S+動詞V+目的語O+補語C

 

この文型の動詞のことを不完全他動詞といいます。他動詞なので目的語と不完全なので補語Cを必要とします。

この文型のチェックポイントは O=(イコール)C の関係になります。

この文型をつくる動詞は限られます。

主な例をいくつかあげておきます。

■ make

He made me cry.
彼は私を泣かせた。

私=(イコール)泣いている

■ call

We called her Nancy.
私たちは彼女をナンシーと読んだ。

彼女=(イコール)ナンシー

■ name

We named the cat Juny.
私たちはその猫をジュニーと名付けた。

猫=(イコール)ジュニー

■ leave

I left the window open.
私は窓を開けたままにしておいた。

窓=(イコール)開けたまま

■ keep

I kept the room cool.
私はその部屋を涼しくしておいた。

部屋=(イコール)涼しくしてある

■ find

She found the movie very strange.
彼女はその映画をとても奇妙に思った。

映画=(イコール)とても奇妙

s-check

x40 5文型まとめ

今日は今までの文型についても、

もう少し詳しく復習をかねて見ていきます。

①SV  

この文型の動詞は自動詞になります。主語と動詞だけで文としては成立しています。
後ろには文章を詳しく説明するM(修飾語)がくるだけです。Mになるのは名詞を修飾する形容詞か
名詞以外の動詞などを修飾する副詞です。

②SVC 

この文型の動詞は後ろに補語のCを必要とします。Cを必要とする動詞のことを
『不完全自動詞(自動詞の例外のこと)』といいます。Cになるのは名詞か形容詞です。
この文型のチェックのコツは、S=(イコール)C の関係でしたね。

③SVO 

この文型の動詞は後ろに目的語のOを必要とします。
後ろにOが必要な動詞を他動詞といいます。目的語Oになるのは名詞のみです。

④SVOO 

この文型の動詞は目的語を2つ置くことが出来る特別な他動詞です。

⑤SVOC 

この文型の動詞のことを不完全他動詞といいます。目的語と補語を必要とします。
O=(イコール)C の関係になります。

動詞の中には、自動詞と他動詞の両方の意味を持つマルチなものが多くあります。

 

5文型についてわからなくなったら、ここの赤枠部分を何度も読んでくださいね。

今はむずかしくても、いつか必ず理解できるときがきますよ。

 

まとめ

第5文型のSVOCはいかがでしたでしょうか。
『 O=C 』のチェックポイントを活用してくださいね。
迷ったときは、品詞(名詞・形容詞・副詞など)が何かをみてください。
英文を構成するには,並べ方のルールがあるということを勉強してきました。
5文型の見きわめ方は英文を読んだときに、「これはなに文型かな?」と考えるようにしましょう。

どの文章もこの5つのパターンに仕分けることができます。

いろんな英文を読んで少しずつなれるのが一番です。
長文を読むコツについても改めて勉強したいと思います。

Have a nice day!







スポンサーリンク

-文法, 英語でこれ
-, , , , , ,

Copyright© 英これナビ(エイコレナビ) , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.