university-of-applied-sciences-2

英語でこれ

英語で【学位】をなんという?修士号・博士号・学士など称号の表記まとめ

スポンサーリンク

投稿日:2017年4月12日 更新日:

大学や大学院の制度や仕組みってちょっと複雑ですね。

学位(がくい)の表記もそのひとつです。

 

海外で仕事をしたければ英語で履歴書を書く必要がありますね。

その時には、自分の学歴を正しく記入する必要があります。

 

また、学校関係で仕事をしていたり、ビジネスの中で、

ゲストとして海外から招へいした大切な教授の称号も

迷うことがよくあります。

 

今日は大学や大学院に関係する『学位』や『称号』

などを英語で勉強したいと思います。

今日はそれではさっそく始めましょう!

x40 学位(がくい)『学士』『修士号』『博士号』

s-graduation-23

学位(がくい)のことを英語では『 degree(デグリー)』といいます。

大学などの学部卒業者や、所定の科目単位数を取得した人に

与えられる称号である『学士(がくし)』を

bachelor’s degree(バーチェラーズ デグリー)』といいます。

 

『修士号(しゅうしごう)』は、大学在学して、

所定の単位を修得してさらに、修士論文の審査、最終試験に合格した人に

与えられる称号です。

修士号のことを『 master's degree(マスターズ デグリー)』といい、

修士課程のことを『 master's (degree) program: マスターズ(デグリー)プログラム

修士号をもつ人のことを『 master(マスター)』といいます。

bachelorと次にでてくるdoctorの中間に位置されるものです。

 

大学院の博士課程を終了して、博士論文の審査及び

試験に合格した人に与えられる称号です。

博士のことを『 doctor (ドクター) 』,

博士課程のことを『 doctoral course (ドクトラル コース)』といいます。

博士号のことを 『 Doctor of Philosophy (ドクター オブ フィロソフィー)』といい、

略して米国で『 PhD (ピーエイチディー)』『 Ph.D(ピーエイチディー)』とあらわします。

英国では『 D.Ph 』もつかわれています。

ここで使われる『 Philosophy (フィロソフィー)』は分野の哲学(てつがく)のことではなく、

『高等な学問』という意味になります。


スポンサーリンク

x40 教授・准教授

s-graduation-14

大学の教授(きょうじゅ)のことを

professor (プロフェッサー)』といいます。

 

准教授(じゅんきょうじゅ)のことを

『 associate professor (アソシアイト プロフェッサー)』といいます。

教授の略式では、『 Prof. 』を名前につけてあらわします。

まとめ

『学位』について勉強してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今日覚えたフレーズを是非使ってみてくださいね。

Have a nice day!







スポンサーリンク

-英語でこれ
-, , , , ,

Copyright© 英これナビ(エイコレナビ) , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.