s-businessman-2048176_640

英語でこれ

英語で【外資系面接に必要なレベル】って?必要な資格・スキルと面接の前にする3つのこととは?

スポンサーリンク

投稿日:2017年9月27日 更新日:

あなたは英語が話せるようになったら、

外資系や海外で働きたいと思いますか?

 

英語が話せるようになりたい人の中には、

英語を武器にして

世界で仕事がしたいとか、

外資系で働きたいという人もいると思います。

 

そして、

「ハイスコアをとって自分の働きたい企業に入社したい。」

「世界を相手に自分のやりたい仕事をしたい。」

という人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

これからの時代は、

日本国内だけに目を向けるのでは

物足りないですからね。

 

今日はちょっと英語の勉強をお休みして、

英語をマスターした後についてです。

 

いったい必要とされるスコアがどれくらいなのか、

あなたの目標をどこに決めるのか、

必要な英語力やスキルについて考えてみたいと思います。

それではさっそく始めましょう!

x40外資系などで必要とされるテストスコア

s-business-10

日本国内で仕事をさがしたときの、

実際に管理人Balalaikaの自分の実体験からいいます。

 

求人情報には面接試験などに応募が可能になるために

必要とされるラインがあるんです。

 

必要とされていたスコアの例は

以下のようになります。

 

テストのスコアだけで言うと

TOEICで800点、TOFLE600点、英検1級レベル

くらいが必要なところが多いです。

 

もちろん仕事の内容にもより、

もっと下のラインでもいいときもあります。

 

例えば電話の応対なしで書類作成などがメインとなり

600 点でOKと言うものも見かけたことがあります。

 

 

ただ、あくまでこれは必要な要件を満たしているだけです。

面接にいくことが可能になるというもので、

同時に申し込んだ応募者の中で

選ばれるためにはさらに高いスコアや経験がある方が有利になります。

 

でも企業や面接官によっては、

人柄重視のところもあります。

若干スコアが足りなくても熱意をもって交渉すれば、

面接までたどり着けたり、

採用されるケースも稀にあります。

 

このくらいあれば、『一定レベルの英語ができる人』

と思ってもらえ、

最初の面接などを受けるための扉が開かれる

可能性が高くなるというところですね。

 

ですがこれは、

英語がペラペラのレベルと言う意味では

ありませんよ。

x40英語のスキルで必要なこと

businessman-0213

テストのスコアだけでなく、

外資などで求められる最低限必要とされるスキルがこちら。

 

それは

  • 海外とのメールのやり取り
  • 電話の受け答え

ができる能力です。

 

ポジションによってはプレゼン能力と交渉力に加え

説得力や実行力など更に高い能力を求められます。
英語で電話の受け答えはこちらを参考にして下さい。
英語で【電話応対】は?ビジネスで使える電話の受け方や不在例文など初心者用マニュアルまとめ

英語で【スケジュール調整】は?アポイントの取り方、変更の仕方フレーズまとめ


スポンサーリンク

x40面接の前にやるべき3つのこと

英語のスキルが求められる面接にのぞむ前に

やらないといけないことが3つあります。

それは、

①自己分析

②英語のレジュメの作成

③英語での面接の受け答えの練習

これらが大切です。

自分のことってわかっているようで、わかっていないんです(笑)

言葉にまとめるのは日本語でもむずかしいんですから、

英語ではなおさら。

 

特に面接の練習は忘れてはいけませんね。

自分をアピールしないと外資ではまず雇ってもらえません。

x40自分を見つめ直す時に役立つこと

管理人も経験や資格がまだ今のレベルもなかったときのことです。

自分のウリが何かまったくわからなかったんですよね。

企業が、

「自分を雇うことのメリットって?」

という問いへの答えが見つからない時期がありました。

 

そんなある日のこと。

 

たまたま登録していたあるエージェントの人材会社を通じて、

某企業の面接を受けたことがあります。

 

そしたら、そのときにたまたま、その人材会社の人からみた

自分という人材の「価値(かち)」について、

企業への提出資料に記してあって目にする機会がありました。

 

何千もの人々を見てきた人材会社の方のプロの目から見た

私と言う商品の価値/バリュー。

 

自分ではまったく気づいていなかった

経験から得た能力や良い点がたくさん記されていたんです。

古い表現ですが、まさに目から鱗(うろこ)の内容で、

体の内側からプラスのエネルギーがわいてくるぐらい感動しました。

 

その時の面接は無事合格しました。

 

管理人があなたに伝えられることは、

自分で答えが見つけられないときには、

まわりの人、つまり家族や友だちに聞いてみるのも手です。

他の人の目から見た『自分』について一度聞いてみましょう。

 

またプロのエージェントや人材会社などを

上手く活用してプロの意見を聞くことも、

きっと何かの手応えを感じることができると思います。

 

まとめ

『英語の求められるスキル』について、

いかがでしたでしょうか。

まずはあなたの夢を叶えるための設計図を書いてみましょう。

書くのは大変ですが、書ければあとは実行するだけ。

完成することを願っています。

Have a nice day!

 

 



 

スポンサーリンク

-英語でこれ
-, , , , , , ,

Copyright© 英これナビ(エイコレナビ) , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.